チームさゆり卒業テストの日

この記事の所要時間: 326

みなさん、こんにちは♬*゜

チームさゆりのカヨコです。

とうとう、とうとうこの日がやってきました。

チームさゆりの卒業テストの日です。

この1年、本当にあっという間でした。

わけわからず参加したオリエンテーション。
一度の説明でピンと来ず、二度も説明を聞きに行った私が、毎月毎月こんなにも研修を楽しみにして過ごしてきたとは〜。

あれから1年だなんて、ウソみたい。

普段は1人でのお仕事なので、チームとしていろいろ関わっていくということの楽しさを感じました。

数字的結果を見据えることもきちんと学びました。

なんたって、私はきちんと正職員で働いたのは公務員時代しかありませんから。
結果の数字を意識したことありませんから〜 笑笑。

何より頭の中をオペしてもらった感じ。

思考が変わると行動が変わり、行動が変わると結果が変わる!

このいたってシンプルなことが一番大切で、常にそういう風に訓練されてきたように思います。

日々の日報もそうで、みんなの頭の中がきちんと改造させてきたことの証として、その日報は残っています。

週5日毎朝9時までに…というお約束を見事みんなやり遂げました。
普段なかなか会えないメンバーがどんどん進化していっているのを、その日報から感じ取っていました。

会えなくても繋がってる仲間がいる!!

最高だったなぁ〜。

…と、過去形みたいだけれど、これは決してゴールだとは思っていません。
通過点。
たったそれだけ。
とにかく、ここを通過しないと新しい世界の入り口に入れないもんね。

今、研修に残っているメンバーはあと3人。

ブロンズテストの時に一旦アウトになったことをバネに、見事にそのバネを利用して高く高く飛び出したノリコ。
彼女の作る模型は息を飲むほどの完成度。
自分の飽き性を短所で終わらせるのではなく、その自分を飽きさせないために毎回いろんな細部に変化をつけてまるでシルバニアファミリーの世界のようなお家を作り上げています。
模型チームのトップランナーで居続けてほしいです。

控えめ〜なナチュラル女子。
そんなイメージだったエリチャン。
ブロンズテストくらいまでの彼女は、私の中ではそんな人でした。
…が!
何が起こったのか?と思えるほど、彼女の底力が夏以降に発揮されてきました。青い炎系のリーダーだと思います。本当はそっちの方が温度が高い!誰よりも負けず嫌いな彼女は、苦手な営業だったのに持ち前のサポート力を発揮して見事に武器にしていきました。
あのクシャッとした笑顔とキレのある負けず嫌いとの融合が素晴らしいな〜。

一見ホンワカしているから自分の意見は…?という風に見られがちになる塩野チャン。
だけど、そのホンワカの中にぶっとい芯が一本通っています。一生懸命さがとてもかわいいなぁと思えるから、ついつい私はお節介したくなります 笑笑。私には持っていない専門的知識がたくさんあるのに、その引き出しを上手に使いこなせていないのがもったいなーい。もっともっと私にその引き出しを見せてほしいなぁーと思っています。私にはないあのホンワカした空気感が子供達にも人気な理由なんだろうなぁ。

この3人で、本日卒業テストに挑みます。
みんなの前で10分プレゼン。
この1年で見出した自分のメソッドを語るんです。

正直、ブログ書いてる場合じゃないけど、とにかく卒業前になんか書きたくなって電車の中でコレ書いてます。

テストは一緒に受けられないけど岡山で応援してくれてるくきサン、まゆサン。
日報でいつも温かい言葉や励ましをいただいています。
本当なら最後まで一緒に研修を受け続けたかったなぁ〜。
2人ともガハハハハ〜と豪快に笑ってくれるあの笑顔が忘れられなくて。

ま、まだまだ繋がっていくからいいんだけど♪

とにかく、彼女達の応援に恥じない結果を今日のテストで残してきます。

ではでは、そろそろ本気でテストに向けて頭使いまーす。